• HOME »
  • 福祉バンクとは
福祉バンクはリサイクル文化社会づくりを進めていきます
活動理念
個人の尊厳保持と自立支援
~障がいをもつ人も、もたない人も共に生きる~

福祉バンクは、利用者の心を心として、多様な福祉サービスを総合的に提供できるよう創意工夫をしつつ、だれもが人として尊重され、地域社会において自立した生活ができるよう支援します。
そのために必要な活動資金は、不要品や未使用品に再び生命を与える次の3Rによって生み出します。
3つのR
(捨てられたくないという声が聞こえる「いたわりの心」)

Repair(リペア)、それは修理
Reform(リフォーム)、それは作り直し
Recycle(リサイクル)、それは「資源として再利用」
障がい者の生きがいを求めて
盛岡市民福祉バンクの発足は、1975年、在宅のまま孤独に暮らす障がい者が明るく誇りを持って暮らす場をつくろうと、福祉とリサイクルを結びつけ、作業場を確保し、7人の重度障がい者とボランティアの仲間たちが集まったのがきっかけでした。
発足以来、盛岡市民福祉バンクは、盛岡市民や関係団体のあたたかい支援と理解をえて、障がい者の生きがいを求める場として、また福祉とリサイクルを結合する場として着実に発展し、市民生活の中で大きな役割を果たしてきました。
現在は、二つの事業所(福祉バンクグッドウィルセンター、福祉バンク3Rセンター)で就労継続支援A型とB型の障害福祉サービスを行っております。
活動内容は、ご家庭で不要になったお品物を寄付していただき、障がい者が中心となり再生作業を行い、盛岡広域の10カ所(うち8カ所)の店舗とデパート等での催事で販売しております。
お母さんに5分間の秋をプレゼントしよう
重度の障がい者をかかえるお母さんが自分の時間を持つことができるように、若い私たちの時間(中学生・ジュニアリーダー)をプレゼントしよう。福祉バンクの活動は、青年達のこのボランティア精神から生まれました。
福祉バンク設立10周年記念で制定したシンボルマーク
「人」と「手」をイメージしている
岩手大学教育学部特設美術科伝達デザイン研究室製作協力
ごあいさつ
佐藤晴久理事長
理事長 佐藤 晴久
 盛岡市民福祉バンクは、いろいろな障がいをもつ人たちの生きがいづくりとともに、働くことに喜びを見出し、社会への積極的な参加を促進するため、不用品を回収して再生し、販売することを活動目標に、昭和50年1月に「愛の日曜工場」として発足しました。
 その後、今日まで40年に及ぶ歩みの中で、福祉バンクの「障がいをもつ人ももたない人も共に生きる」という基本理念が多くの方々の共感を呼び、盛岡市町内会連合会、盛岡市地域女性団体協議会、あすを築く盛岡市民運動実践運動協議会、盛岡市社会福祉協議会、盛岡市社会福祉事業団、もりおか愛の市民運動推進委員会の参加の下に、昭和54年7月23日に財団法人設立認可を受け、市民の温かい支援を受けながら活動を続けて参りました。
 平成25年10月1日に新しく社会福祉法人として生まれ変わったことを機会に、さらに発足時の理念やこれまでの活動方針を承け継ぎ、働く障がい者に「夢と希望」を抱かせ、就労を通して社会参加を推し進めることができるよう、個々の尊厳を守りサービス提供の質を高めていくことを重点項目に掲げ活動しており、平成27年2月には創立40周年を迎えることができました。
 毎年福祉バンクでは、「福祉バンク大市」(愛のバザー含み)と称し、盛岡市内のデパート等で感謝還元祭を行い多くの方々のご来場いただいております。また、近年は盛岡広域の福祉施設の皆さんと一緒にバザーの企画開催も行っております。
 平成23年の東日本大震災以後、沿岸地区の福祉施設の皆さんと一緒に被災地でも福祉バンク大市を開催したり、相互交流を図りながら、地域で働く障がい者の方々の就労をとおしての生きがいづくりの支援をしたいものと考えております。
福祉バンクは、創設時の精神を忘れることなく、「すべての人たちの幸せ」を実現することを活動の中心に据えるとともに、福祉バンクに関わる一人ひとりに、その心が育つよう願ってきました。このような活動に皆様のご理解とお力添えを心からお願い申し上げます。
PAGETOP
Copyright © 社会福祉法人盛岡市民福祉バンク All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.