福祉バンクの歩み
1.草創期(昭和49年~53年)
  
1974(昭和49)年 8月 障がい者の「働く場」づくりについて市長に提唱
福祉工場設立委員会の発足
11月 活動拠点の確保等福祉工場の開設準備進む
1975(昭和50)年 1月 愛の日曜工場として開所。通所した障がい者は、愛の日曜学校(ボランティアによる日曜保育活動)から7名。身障ガイドセンターの送迎協力(報奨金1日500円、昼食は炊き出し)
2月 盛岡市民福祉バンク設立(初代会長:工藤巌市長)
4月 市からの事業補助金により常勤職員2名を配置。「福祉バンク愛のバザー」毎週土曜日、日曜日開設(中ノ橋たもと)
8月 平日・通年開所始まる
1976(昭和51)年 7月 小型トラック1台寄贈(藤原モータース)
9月 いんべクリーニングによる洗濯奉仕活動(1年間)
10月 東北電力による電化製品修理奉仕活動(年2回毎年継続)
1977(昭和52)年 1月 設立2周年記念感謝のつどい開催
5月 紺屋町に常設店(1号店)を開設(150㎡)
7月 永六輔さんによるバンクオークション開催
1978(昭和53)年 2月 資源を大切にする住民運動において全国優秀賞を受賞
9月 ボランティアスクールで永六輔さん記念講演

愛の日曜工場の送迎(昭和49年)

リヤカーでの廃品回収(昭和50年)

福祉工場開所式(昭和50年)

中ノ橋たもとでの愛のバザー(昭和50年)

設立2周年を祝う会(正面:工藤巌会長)
2.発展期(昭和54年~平成2年)
1979(昭和54)年 4月 いちのへストアから法人設立に必要となる基本財産資金の寄贈を受ける
7月 財団法人認可(7月23日、岩手県指令第589号)
11月 スキーフェアーの開催(岩手県自治会館、以後スキー市として定着)
1980(昭和55)年 1月 設立5周年記念感謝のつどい開催
1981(昭和56)年 4月 附属農園いきいき牧場を開設
10月 第2回「われら人間コンサート」の開催、国際障害者年の理解と共感の輪を広げる
1984(昭和59)年 8月 常設店舗「ぱれっと」(2号店)、「厨川店」(3号店)開設
1985(昭和60)年 1月 設立10周年感謝のつどい開催
2月 ホットライン肴町商店街に常設店舗「バンクショップ」(4号店)開設
4月 報奨金1日700円、主任扱い所員1,500円
1986(昭和61)年 5月 バンク本部前九年に移転(改築のため)
1987(昭和62)年 2月 保護者会「かるがも会」発足(初代会長佐々木氏)
11月 盛岡市勤労福祉会館落成、本部事務局移転(本部事務室41.7㎡、展示室209.5㎡)
1989(平成 元)年 1月 フィリピン・マニラ市の貧窮者生活再建協力事業として支援物資発送
3月 再資源貢献企業として(財)クリーン・ジャパンセンターから会長賞を受賞
1990(平成 2)年 4月 盛岡マニラ福祉バンク設立(会長西本至神父)
6月 設立15周年感謝のつどい開催
盛岡マニラ育英会発足(初代会長横山隆三氏)

いちのへストアでのバザー開催(昭和54年)

5周年感謝のつどい(昭和55年)

附属農園いきいき牧場鍬入れ(昭和56年)

附属農園丸太小屋完成祝賀会(昭和56年)

「厨川店」(2号店)(昭和59年)

「ぱれっと店」(3号店)
(昭和59年)

アフリカ救援のために集めた毛布(昭和60年)

一時移転した福祉バンク前九年(昭和61年)

マニラへの救援物資発送作業(昭和64年)

「再資源貢献企業」会長賞受賞(昭和64年)

盛岡・マニラ福祉バンク設立(右側:西本至会長)
(平成2年)
3.充実期(平成3年~平成24年)
1991(平成 3)年 6月 報奨金1日800円に改定
1992(平成 4)年 4月 「バンクショップ」(肴町8番16号)にリニューアルオープン
1993(平成 5)年10月 社会福祉法人いきいき牧場法人認可
1994(平成 6)年 2月 「ありがとう福祉バンク20周年展」開催(中三盛岡店催事場)
6月 厨川店を閉め、みたけ店を開設
7月 設立20周年感謝のつどい開催
12月 足踏ミシン100台マニラへ発送
1995(平成 7)年 2月 リサイクル大市「もう一度ありがとう」開催(中三盛岡店催事場)
9月 福祉バンク大市開催(中三盛岡店)以後毎年恒例化
1997(平成 9)年 5月 報奨金1日1,000円に改定
1998(平成10)年11月 3Rセンター(集配センター)、ハート店(5号店)開設
1999(平成11)年 5月 設立25周年記念コラソン・アキノヒィリピン元大統領歓迎交流会
11月 設立25周年感謝のつどい開催
2000(平成12)年 5月 常設店舗本町店「ゆいまーる」(6号店)開設
2002(平成14)年 1月 「ぱれっと」店リニューアルオープン
2003(平成15)年 3月 報奨金1日1,200円に改定
2004(平成16)年 7月 常設店舗西根店(7号店)開設
10月 設立30周年記念「われら人間コンサートin2004」主催
2005(平成17)年 1月 土日ジャンボ常設店「じゃんまる」でバザーを開始
2006(平成18)年 4月 一般廃棄物処理事業開始(家電4品目)
8月 設立30周年記念「もりおかのガキ大将」発刊
2007(平成19)年 1月 設立30周年感謝の会開催、福祉バンク30年のあゆみ発刊
11月 金ヶ崎店閉店(土日ジャンボ金ヶ崎店閉鎖にともう)
2008(平成20)年 7月 常設店舗渋民店(8号店)開設
2009(平成21)年10月 マニラ台風16号被害のため救援物資を発送
2011(平成23)年 3月 東日本大震災が発生、翌日は大釜店を開店
4月 被災地の福祉施設等へ緊急支援部物資を搬送
中三に対し売上金返還請求の法的手続きを行う
6月 後援会組織である福祉バンク応援団が発足
9月 福祉バンク大市をパルクアベニュー・カワトクで開催
2012(平成24)年 9月 マリンコープDORA(宮古)で復興支援バザーを開催
    
フッリピン福祉見本市「ハロハロフェスタ」(平成3年)

盛岡UST裁縫教室(平成4年)

マニラでの足踏みミシン活用視察(平成5年)

20周年感謝のつどい(平成6年)

3Rセンター・ハート店(5号店)(平成10年)

保護者会から送迎車両の寄贈(平成10年)

盛岡マニラ福祉使節団(平成11年)

ゆい・まーる店(6号店)(平成12年)

ぱれっと店リニューアル(平成14年)

われら人間コンサートin盛岡2004(平成16年)

渋民店(8号店)(平成20年)

東日本大震救援物資の輸送(平成23年)

川徳での第1回福祉バンク大市(平成23年)

宮古での復興支援バザー(平成24年)
4.転換期(平成25年~)
2013(平成25)年10月 社会福祉法人認可(盛岡市指令25地第211号)
11月 福祉バンクグッドウィルセンター開設
12月 財団法人解散
福祉バンク3Rセンター開設
厚生労働大臣表彰受賞
2014(平成26)年 4月 就労継続支援A型新規事業として乳製品宅配事業を開始
6月 財団法人が精算結了し、残余財産の全額を社会福祉法人に寄付
2015(平成27)年12月 創立40周年感謝の会開催、盛岡市民福祉バンク40年の歩み発刊

財団法人最後の理事会(平成25年)

厚生労働大臣表彰(平成25年)

葛巻高原牧場の宅配業務開始(平成26年)

応援団からエアコンの寄贈(平成27年)
組織機構
法人情報
法人データ
法人名
社会福祉法人盛岡市民福祉バンク
設立
2013年10月1日
代表者
理事長 佐藤 晴久
所在地
〒020-0885 岩手県盛岡市紺屋町2-9
事業目的
この社会福祉法人は、多様な福祉サービスがその利用者の意向を尊重して総合的に提供されるよう創意工夫することにより、利用者が、個人の尊厳を保持しつつ、自立した生活を地域社会において営むことができるよう支援することを目的とする。
事業内容
(1)第二種社会福祉事業
(ア)障害福祉サービス事業の経営
アクセスマップ
情報公開
PAGETOP
Copyright © 社会福祉法人盛岡市民福祉バンク All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.